【三清】伝統的な瓦屋根を眺めながらの一杯 韓国国内2号店 BLUE BOTTLE COFFEE / 블루보틀커피

カフェ




2002年にアメリカはオレゴン州ポートランドにて産声を上げ、2015年に日本、2019年には韓国に上陸した世界的人気コーヒーチェーンブルーボトルコーヒー。
ソウル東部の聖水堂にオープンした1号店にはオープン直後なんと5時間以上の行列ができるほどの人気ぶりでした。
そして韓国国内2号店としてオープンしたのは、伝統的な家屋が立ち並び外国人観光客も多く訪れる三清洞というエリア。
本記事では、ブルーボトルコーヒー三清店を紹介します。





最寄りの安国駅からは徒歩10分ほど。
韓国を代表する王宮である景福館からも徒歩圏内です。

歴史を感じる建物が多いエリアだからこそ特に目を引くモダンな店構え。
設計は日本のブルーボトルコーヒーの店舗デザインも手掛ける長坂常氏が担当しています。

1Fで注文をし2Fで受け取るシステム。
オリジナルのブランド豆は勿論、トートバッグはじめ韓国限定のオリジナルグッズも販売されています。

週末ということもありなかなかの混雑ぶり。

壁にはレンガ、テーブルにはコルクを使用しており、モダンでありながら温もりを感じる「温かいミニマリズム」というブルーボトルの空間哲学が反映されています。

そして一面の窓から見下ろせるのは伝統家屋である韓屋の瓦屋根。
その歴史を感じることができます。

豆はブレンドとシングルオリジンの2種類から選ぶことができます。
この日はアメリカーノをシングルオリジンで。
個人的には好みなのですが、ブルーボトルのコーヒーには独特の酸味があり好みが分かれるところ。
酸味が苦手な方はカフェラテなどミルク系のメニューを注文するのをオススメします。

3階席にはカウンター席も。
ブルーボトルらしさと韓国らしさが見事に融合した店舗という印象です。

Official Instagram

 

#bluebottlecoffee

 

この投稿をInstagramで見る

 

내일은 최길동 2탄 ㅋㅋㅋㅋㅋ🙂

@ u.oniがシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

앞에사진 언제 다 지우냐ㅠ#470

고스입니다(@m0_zzi)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

그립다☕️

Ji in(@drawdrawdraw_)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

어우 뭘 이런걸 다💍💍

ㅎㄷㅂ(@dan.bbb)がシェアした投稿 –

 

Information

住所
ソウル特別市 鍾路区 昭格洞 86
서울특별시 종로구 소격동 86

アクセス
安国駅(3号線) 2番出口より徒歩10分

営業時間
毎日 10:00〜20:00

そしてこのブルーボトルコーヒー三清店、実はすぐ隣に予約者限定の韓屋店もあるんです。

メニューはデザートとのセットメニューのみで、予約はこちらから可能。
予約の取れる2週間先までの席はすぐに埋まってしまうので非常に難しいのですが、ソウルへ行く予定のある方は狙ってみてください。

韓国行きの航空券はエアトリで。
wifiのレンタルは≪韓国WiFi≫がオススメです。