【仁川国際空港〜ソウル市内】リムジンバスのススメ

空港アクセス




仁川国際空港に到着後、まずは滞在先の宿泊施設まで向かう方がほとんどかと思います。
仁川からソウル市内へは50km以上の距離があり、電車、バス、タクシーのいずれかで市内へ向かうことになります。

それぞれ長所短所ありますが、数十回ソウルへ渡航経験ある僕がオススメするのがバスです。
本記事ではバスを利用して空港からソウル市内へ行く方法を紹介します。

リムジンバスのいいところ

空港と市内を結ぶバスをリムジンバスと呼ぶのですが、魅力は何と言ってもラクさ快適さ、そして景色を眺めながら市内へ迎うことができる点にあります。
勿論タクシーでもこの3点をクリアすることができますが、料金は5,000円前後とやや高額になります。

リムジンバスだと行き先によりますが約1,500円前後。
ひとり旅ならタクシーとの差額で3度美味しい食事が食べられますね。

実はリムジンバスにも、、
・高級リムジンバス(KAL含む)
・一般リムジンバス
の2種類あります。
一般リムジンバスは1,000円で乗車できますが、快適さに欠ける上に停車が多くソウル市内までかなり時間を要します。
そのためこの記事では高級リムジンバスに関して紹介させていただきます。



実際に乗ってみた

空港を出るとすぐ、リムジンバスのチケット販売所を見つけることができます。
写真左手にある機械からも購入することができますが、初めての方や不慣れな方はカウンターで購入することをおすすめします。

行き先を告げると該当する路線のチケットを購入することができます。
カウンターではクレジットカードも使用可。
※既にT-moneyカードをお持ちの韓国リピーターの方は、チケットを購入しなくてもT-moneyカード利用での乗車が可能です。

行き先やお目当の停留所が分からない方は、ホテルの名前をカウンターの人に言えば大丈夫です。
もし分かってもらえないようであれば、ホテルの住所や位置情報を見せるようにしましょう。

今回の宿泊は市庁近くのコリアナホテル
ホテル名を告げると、乗るバスの番号とバス停を教えてくれました。4Aから4701番のバスに乗ります。
日本語表記もあって安心ですね。
料金は16,000ウォン(約1,600円)

この支庁/光化門方面へのリムジンバスは大体15分おきに出ています。
明洞や東大門方面のリムジンバスは更に本数が多く、およそ10分おきに運行しています。

すぐにバスがやってきました。
僕が乗るのはKALリムジンバスという大韓航空が運営するバスになります。
大韓航空カラーの水色が目印。

大きな荷物は預けることが出来ます。
バス車内にも荷物置き場があるので、小さなスーツケースであればそちらに置いてもOK。

車中はこんな感じ。
1-2の座席配列で広々としています。

身長180cm以上ある僕でも余裕で足を組めるほどの広さがあります。
この日は快晴、景色を眺めながら約1時間の移動です。

 

バスを降りよう

目的地のコリアナホテル が近づいてきました。
不安な方は地図アプリで随時現在の位置を確認しましょう。

リムジンバスは韓国語、英語、バスの車種によっては日本語のアナウンスがあります。
このKALリムジンバスは日本語のアナウンスが流れるので問題ありませんが、仮に日本語のアナウンスが無かった場合、ちゃんと目的地で降りれるか不安ですよね。

韓国のバスはリムジンバスに限らず、
「これから、○○に停車します」
「次は、○○に停車します」
と立て続けにアナウンスが入ります。

韓国語だと以下の通りです。
이번 정류장은 ○○입니다 (今回の停留所は○○です)
イボン チョンリュジャgン ○○イムニダ。

다음 정류장은 서울입니다 (次の停留所は○○です)
タウム チョンリュジャgン ○○イムニダ。

目的地が近づいてきたら聞き耳を立て、降りる場所を間違えないように注意しましょう。

コリアナホテルに到着しました。
こちらのホテルは目の前にリムジンバスが停車するので非常に便利です。

【市庁】ソウル中心部の老舗ホテル コリアナホテル / KOREANA HOTEL

 

まとめ

便利さと快適さでは、やはり空港鉄道よりリムジンバスに軍配が上がります。
更にリムジンバスが近くに停まるホテルを選ぶことで、旅行をより快適なものにすることができます。
まだ利用したことのない方は是非、リムジンバスを利用してみてください。
以上、リムジンバスのススメでした。



ABOUT US

ファッション業界で働く29歳。元水球選手。渡航60ヶ国。仕事や旅行で毎年20ヶ国以上へ足を運ぶ旅のプロフェッショナル。朝鮮半島の文化や歴史に関心を抱き韓国語を習得。北朝鮮へ2回、韓国へ20回以上の渡航経験あり。本ブログでは韓国旅行に役立つ情報を発信しています。