【水営】旧ワイヤー工場を蘇らせた究極のリノベーションカフェ TERAROSA COFFEE / 테라로사 커피

カフェ




韓国の北東部に位置する江原道(カンウォンド)は、そのほとんどが山間部で自然に溢れた地域です。
この江原道に属する平昌(ピョンチャン)において2018年冬季五輪が開催されましたが、同大会でスケート競技の舞台となったのが平昌の隣に位置する江陵(カンヌン)市。
フィギュアスケートの羽生選手、スピードスケートの小平選手の活躍が特に印象に残りますね。

この江陵市はコーヒーの街として知られています。
この街の焙煎工場から、今や全国区のカフェとなったTERAROSA COFFEE(テラロサコーヒー)
現在はソウルだけで7店舗、国内計14店舗を展開する人気カフェなのですが、中でも斬新なお店造りで韓国の人々を驚かせた店舗が釜山(プサン)にあります。





最寄りの望美(マンミ)駅からは徒歩20分近くかかるため、タクシーやバスの利用をオススメします。

TERAROSA COFFEEが入っているのはこちらのF1963という施設の中。
その名の通り1963年に建設されたこちらの建物は元々大企業向けにワイヤーロープを製造する工場でしたが、2008年に廃業。
用途を失い廃墟と化した巨大工場に、韓国の有名建築家が目をつけました。

2016年に知性と文化芸術が出会う場として文化複合に生まれ変わり、現在ギャラリーや書店、レストラン等が入居しています。

そしてワイヤー工場を見事にカフェとして蘇らせたTERAROSA COFFEEがこちら。

端が見えないほど広いスペース、工場そのままの高い天井にはワイヤーが張り巡らされており、琴のごとく差し込む光に反射しています。
ワイヤー工場だったこの地の歴史を残すために、装飾としてワイヤーを取り入れているそうです。
この洗練された空間に、初めて訪れた時は感動すら覚えました。

店内に堂々と鎮座する巨大な焙煎機。

特にハンドドリップコーヒーがオススメです。
国内でこれだけ多店舗展開できるのは、カフェ大国韓国の人々を満足させる味であることの証。

店内にはベーカリーも併設されており、本格的かつ多様なパンが並びます。

店内に横たわる巨大なカウンターテーブルには工場当時の大きな車輪が。
並べられた洋書とのコントラストが面白い。

50年近く稼働していた歴史ある大工場をこういう形で現代に蘇らせるとは、やはり韓国のカフェ恐るべしです。
同様のリノベーションカフェはいくつかありますが、規模と洗練度合いで言えば国内No.1ではないでしょうか。

Official Instagram

 

#terarosacoffee

 

View this post on Instagram

 

#재생건축 의 좋은 예 – #테라로사부산 – 📍부산 수영구 망미동 475-1

Mr.Forrest 🌐さん(@erbanexplorer)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

하나 두울 셋 📸

‘monchouchou’ 몽슈슈 🧡💛さん(@monchouchou_sy)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

Terarosa #terarosacoffee

Shawn Kimさん(@shawn_testardo)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#수영구 #카페 #테라로사 #테라로사부산 #cafe #terarosa #terarosabusan #f1963 #f1963테라로사

@ eul__がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

_ 스고👊🏻 . . . #한량의길#셀카#셀피#일상#데일리#데일리룩#부산#서면#광안리#남포동#daily#dailylook#selca#selfie#selstagram

💜さん(@_c__mi_)がシェアした投稿 –

 

Information

住所
釜山広域市 水営区 望美洞 475-1
부산광역시 수영구 망미동 475-1

アクセス
望美駅(3号線) 2番出口より徒歩18分
バスやタクシーでのアクセス推奨

営業時間
毎日 9:00〜21:00

アクセスはあまり良くありませんが、釜山を訪れるのであればF1963は必見のスポットです。
コーヒーもパンも美味しい上に、気持ちよく過ごせる空間になっているので、是非一度足を運んでみてくださいね。

韓国行きの航空券はエアトリで。
wifiのレンタルは≪韓国WiFi≫がオススメです。